• ホーム
  • 研究内容
  • メンバー
  • 研究室・機器紹介
  • 活動報告
  • 受賞・プレス
  • アルバム

活動報告

2024

国際招待・シンポジウム講演

  1. Sumio Ohtsuki: Recent progress in proteomics and its application for drug transporters. 2024 Boehringer Ingelheim Drug Transporter Symposium, Apr 10-11, 2024, Kobe

国内招待・シンポジウム講演

  1. 大槻純男:最新プロテオームを活用した細胞機能の解析、第3回NCBAワーキンググループ研究会プログラム、2024年3月15日-16日、栃木
  2. 伊藤 慎悟:血液脳関門透過環状ペプチドを用いた脳内送達型創薬モダリティの創出、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸
  3. 近松翔馬、坂口皇聖、荒木喜美、粂昭苑、大槻純男、伊藤 慎悟:小腸透過環状ペプチドを用いた改良経口インスリン投与法による糖尿病モデル マウスの血糖値制御、小腸透過環状ペプチドを基盤とする経口インスリン投与法の最適条件の確立、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸

国内口頭発表

  1. 伊藤慎悟:定量プロテオミクスを基盤とする血液脳関門における物質輸送分子と病態発症機構の解明, 第13回ナノバイオ若手ネットワーキングシンポジウム, 2024年2月16-17日, 東京
  2. 坂口皇聖、近松翔馬、大槻純男、伊藤 慎悟:小腸透過環状ペプチドと持効型インスリン注射剤を用いた経口持効型インスリンの開発、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸
  3. 佐々木康樹、藏敷栞菜、大塚光海、大木聖矢、森尾花恵、降幡知巳、大槻純男、伊藤慎悟:環状ペプチドを用いたモノクローナル抗体医薬の血液脳関門透過促進技術の開発、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸

国際ポスター発表

  1. Kongxin Gu, Haruka Kumabe, Takumi Yamamoto, Naoto Tashiro, Takeshi Masuda, Shingo Ito, Sumio Ohtsuki: Improving proteomic identification using narrow isolation windows with Zeno SWATH data-independent acquisition. ASMS2024, June 3-6, 2024, Anaheim, USA.

国内ポスター発表

  1. 田代 尚人、宮野 綾華、伊藤 慎悟、杉本 道彦、荒木 喜美、中尾 聡宏、中潟 直己、竹尾 透、増田 豪、大槻 純男:クレアチントランスポーター欠損マウスを用いた経口投与後のクレアチン体内動態の解明 、日本薬学会第144年会、2024年03月29-31日、横浜
  2. 顧 孔新、 山本 拓実、 隈部 遥香、 田代 尚人、 増田 豪、 伊藤 慎悟、 大槻 純男: Narrow isolation windowsによるSWATH-DIAによるタンパク質同定数の向上、日本薬学会第144年会、2024年03月29-31日、横浜
  3. 近松翔馬、坂口皇聖、荒木喜美、粂昭苑、増田豪、大槻純男、伊藤 慎悟:小腸透過環状ペプチドを用いた改良経口インスリン投与法による糖尿病モデル マウスの血糖値制御、日本薬学会第144年会、2024年03月29-31日、横浜
  4. 渡邉夏海、近松翔馬、大槻純男、伊藤 慎悟:血液脳関門透過環状ペプチド修飾アニオン性リポソームの作成、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸
    近松翔馬、梶谷 絵梨、坂口皇聖、大槻純男、兒玉智史、松井航、伊藤慎悟:Zn-インスリンと小腸透過環状ペプチド配合の顆粒剤開発と薬理評価、日本薬剤学会第39年会、2024年05月23-25日、神戸