• ホーム
  • 研究内容
  • メンバー
  • 研究室・機器紹介
  • 活動報告
  • 受賞・プレス
  • アルバム

活動報告

講演・学会発表

2017

国際学会招待講演
  1. Takeshi Masuda : Development of MS-compatible subcellular fractionation protocol and application to large-scale identification of phosphorylation sites regulating protein subcellular localizations, The 3rd International seminar of Natural Product, Makassar, Indonesia, 1 Apr, 2017.
国内学会招待講演
  1. 大槻純男、増田豪、伊藤慎悟:多様化するLC/MSシステムによるタンパク質定量、第8回JBFシンポジウム、2017年2月8-9日、東京
  2. 大槻純男:血液脳関門の輸送とクレアチン供給、平成28年度「脳クレアチン欠乏症候群」班会議及び研究会、2017年3月19日、東京
  3. 上村立記、伊藤慎悟:脳クレアチン欠乏症候群に関連する新規変異クレアチントランスポーターの輸送機能特性と発現・局在解析、平成28年度「脳クレアチン欠乏症候群」班会議及び研究会、2017年3月19日、東京
  4. 伊藤慎悟:高分子医薬品の経口投与型DDS開発を目指した小腸透過性環状ペプチドの同定、第137 回日本薬学会 2017年3月25-27日、仙台
  5. 大槻純男、伊藤慎悟:臨床プロテオミクス開発と薬物治療への応用、第137 回日本薬学会 2017年3月25-27日、仙台
  6. 伊藤慎悟:SWATHによる網羅的タンパク質定量法を用いた薬物動態研究の新展開、第137 回日本薬学会 2017年3月25-27日、仙台
  7. 増田豪: ショットガンプロテオミクスの試料調製について、日本プロテオーム学会 2017年大会、2017年7月26-28日、大阪
  8. 大槻純男:個別化医療に向けたプロテオミクスとバイオマーカー、第21回 薬物動態談話会セミナー、2017年08月23-25日、東京
  9. 大槻純男、増田豪、伊藤慎悟:創薬と診断を加速する定量プロテオミクスの開発と応用、第30回バイオメディカル分析科学シンポジウム (BMAS2017)、2017年08月28-29日、東京
企業主催講演会

 

国内学会口頭発表
  1. 伊藤慎悟、本多玄太郎、赤澤貴憲、寺崎哲也、大槻純男:Involvement of orphan transporter SLC22A18 in the post-translational modification of proteins in 293 cells、日本プロテオーム学会 2017年大会、2017年7月26-28日、大阪
国際学会ポスター発表
  1. Shingo Ito, Michel Menard, Trevor Atkinson, Leslie Brown, James Whitfield, Balu Chakravarthy: RELATIVE EXPRESSION OF THE P75NTR NEUROTROPHIN RECEPTOR, TYROSINE RECEPTOR KINASE A, AND INSULIN RECEPTOR IN SH-SY5Y CELLS AND HIPPOCAMPI FROM ALZHEIMER’S DISEASE PATIENTS, AD/PD2017, Vienna Austria, 29 Mar-2 Apr, 2017
  2. Tomohiro Kohata, Shingo Ito, Mio Hirayama, Takuya Furuta, Mitsutoshi Nakada, Sumio Ohtsuki: Identification of Cerebrospinal Fluid Peptide Markers for Recurrent Malignant Brain Tumor by Quantitative Proteomics, 65th ASMS Conference on Mass Spectrometry, Indianaposis, 4 – 8 Jun, 2017
  3. Takeshi Masuda, Naoyuki Sugiyama, Sumio Ohtsuki, Yasushi Ishihama: MS-compatible Subcellular Fractionation Protocol based on Phase Transfer Surfactants, 65th ASMS Conference on Mass Spectrometry, Indianaposis, 4 – 8 Jun, 2017

 

国内学会ポスター発表
  1. 上村立記、伊藤慎悟、太田悠介、立川正憲、和田敬仁、寺崎哲也、大槻純男:G561R変異クレアチントランスポーターのクレアチン輸送活性低下とそのメカニズムの解明、第12回トランスポーター研究会、2017年7月8-9日、仙台
  2. 緒方星陵、伊藤慎悟、増田豪、大槻純男:定量プロテオミクスを用いたインリ抵抗性マウスにおける血液脳関門と脳実質のタンパク質発現変動解明、日本プロテオーム学会 2017年大会、2017年7月26-28日、大阪
  3. 久野 琢矢、平山 未央、伊藤 慎悟、大槻 純男:腸内細菌による肝臓及び腎臓トランスポーター・代謝酵素の制御、第10回トランスポーター研究会九州部会、2017年9月2日、熊本

2016

国際学会招待講演
  1. Sumio Ohtsuki: Targeted proteomic approach to cancer biomarkers and diagnosis. Japna-US Workshop for Early Cancer Research: Biomarker Discovery for Early Cancer Detection. Tokyo, Japan, 7-8 Mar, 2016.
国内学会招待講演
  1. 大槻 純男: 抗体を超える次世代タンパク質定量技術:ターゲットプロテオミクス、新潟大学、2016年1月14日、新潟
  2. 大槻 純男: MS/MS ALL (SWATH-MS)を活用したエコ・プロテオミクスへの展開、日本プロテオーム学会2016年大会、2016年7月28日、東京
  3. 伊藤 慎悟: Cerebral clearance mechanism of amyloid-beta peptide in the brain、日本薬物動態学会第31回年会、2016年10月13日、松本
  4. 大槻純男:プロテオミクスを基盤とするバイオマーカー開発と応用、日本薬物動態学会第31回年会、2016年10月13日、松本
  5. 伊藤慎悟:経口投与型DDS開発を目指した小腸透過性環状ペプチドの同定とin vivo有効性評価 第39回薬物動態懇談会 2016年11月10-11日、浜松
企業主催講演会
  1. 大槻 純男: 質量分析によるタンパク質定量の進化、第7回JBFシンポジウム:新日本科学ランチョンセミナー、2016年3月9日、東京
  2. 大槻 純男: 血液脳関門の薬物透過と分子メカニズム、第一三共株式会社講演会、2016年5月12日、東京
  3. 大槻純男:薬物動態研究とバイオマーカー研究におけるさまざまな定量プロテオミクスの活用、SCIEX LC/MS Forum in Japan、2016年7月26日、東京
  4. 大槻純男:薬物動態研究とバイオマーカー研究におけるさまざまな定量プロテオミクスの活用、SCIEX LC/MS Forum in Japan、2016年7月27日、大阪
国内学会口頭発表
  1. 山口駿介、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:高分子医薬品の小腸吸収改善に資するヒト小腸透過性環状ペプチドの同定、日本薬学会第136年会、2016年3月27-29日、横浜
  2. 伊藤 慎悟: 高分子医薬品の小腸吸収改善に資するヒト小腸透過性環状ペプチドの同定、第9回若手ネットワーキングシンポジウム、2016年6月10-11日、仙台
  3. 山口駿介、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:高分子医薬品の小腸透過を改善させる小腸透過性環状ペプチドの同定、第32回DDS学会、2016年6月30-7月1日、静岡
  4. 藤野優、伊藤慎悟、大槻純男:ヒト乳がん細胞におけるオーファントランスポーターSLC22A18のがん抑制機能の解明、第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2016年11月11-18日、名古屋
  5. 山口駿介、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:経口投与型バイオ医薬品の開発に資する小腸透過性環状ペプチドの同定、第33回日本薬学会九州支部大会、2016年12月3-4日、鹿児島
  6. 柴田晃幸、伊藤慎悟、平山未央、田中元子、本田一文、大槻純男:アルブミンの修飾に基づく腎疾患および膵がんマーカーペプチドの同定、第33回日本薬学会九州支部大会、2016年12月3-4日、鹿児島
国際学会ポスター発表
  1. Shingo Ito, Mari Yanai, Sumio Ohtsuki:Effect of insulin signaling on the regulation of tight-junction integrity in hCMEC/D3 cells, 19th International Symposium on Signal Transduction at the Blood-Brain-Barriers, Copenhagen, Denmark, 14-16 Sep, 2016
  2. S. Ohtsuki, T. Matsubara, A. Toyama, J. Watanabe, J. Iida: Simultaneous quantification of drug transporters, CYP enzymes, and UGTs in human liver microsomes by high-microflow LC-MS/MS. HUPO2016, Taipei, 18-22 Sep. 2016
  3. T. Kouhata: Identification of Cerebrospinal Fluid Markers for Recurrent Malignant Brain Tumor by Quantitative Proteomics. HUPO2016, Taipei, 18-22 Sep. 2016
  4. Shingo Ito, Yu Fujino , Sumio Ohtsuki: SLC22A18 is involved in the proliferation of MCF-7 human breast cancer cells by altering cellular protein expression, Japan-Turkey International Symposium on Pharmaceutical and Biomedical Sciences, Kumamoto,Japan,2-3 Oct,2016
  5. Shunsuke Yamaguchi, Shingo Ito, Mio Hirayama, Sumio Ohtsuki:  Identification of Novel Cyclic Peptides for Facilitating Intestinal Permeability of Macromolecule, 2016 AAPS Annual Meeting and Exposition, Denver, 13-17 Nov, 2016
国内学会ポスター発表
  1. 高畑智宏、伊藤慎悟、平山未央、古田拓也、中田光俊、大槻純男:定量的プロテオミクスを用いた脳脊髄液中の悪性脳腫瘍診断マーカーの同定、日本薬学会第136年会、2016年3月27-29日、横浜
  2. 星山稔貴、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:定量プロテオーム解析に適した微量細胞膜分画法の構築、日本薬学会第136年会、2016年3月27-29日、横浜
  3. 上村立記、伊藤慎悟、太田悠介、立川正憲、平山未央、和田敬仁、寺崎哲也、大槻純男: 脳クレアチン欠乏症候群に関連する新規変異クレアチントランスポーターのクレアチン輸送活性低下とそのメカニズムの解明、第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム、2016年8月26-28日、鹿児島
  4. 上村立記、伊藤慎悟、太田悠介、立川正憲、黒木未央、和田敬仁、寺崎哲也、大槻純男: 新規変異クレアチントランスポーターのクレアチン輸送活性低下とそのメカニズムの解明、第9回トランスポーター研究会九州部会、2016年10月1日、宮崎
  5. 星山稔貴、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:細胞膜タンパク質の定量プロテオーム解析に適した微量細胞膜分画法の構築、第9回トランスポーター研究会九州部会、2016年10月1日、宮崎

2015

国際学会招待講演
  1. S. Ohtsuki, S. Ito, T. Terasaki: Amyloid-β transport across the blood-brain barrier in Alzheimer’s disease, 7th International Conference on Cerebral Vascular Biology (CVB2015). Paris, France, 6-9 Jul, 2015.
  2. Shingo ITO, Sumio Ohtsuki, Tetsuya Terasaki, Cerebral clearance of amyloid-beta peptide across the blood-brain barrier, 15, October, 2015, ISKID, Kumamoto, Japan
  3. S. Ohtsuki, S. Ito, T. Terasaki: Involvement of insulin-degrading enzyme in the elimination of human amyloid-β peptide across the blood-brain barrier. Barcelona BioMed Conference: Blood Brain Barrier. Barcelona, Spain, 2-4 Nov, 2015
国内学会招待講演
  1. 大槻 純男: 定量的標的プロテオミクスを活用したがんバイオマーカー研究、第22回HAB研究機構学術年会、2015年6月26-27日、東京
  2. 伊藤慎悟:脳クレアチン欠乏症候群に関連する新規変異クレアチントランスポーター特性の解明、第36回グアニジノ化合物研究会、2015年8月8日、仙台
  3. 大槻純男: 質量分析でタンパク質を測ると何が見えるか、第40回西日本薬剤学研究会、2015年8月21-22日、九重
  4. 伊藤慎悟:定量プロテオミクスによるタンパク質発現量情報を基盤とした体内動態制御機構の解析、BMAS2015、2015年8月21-22日、長崎
  5. 大槻純男、伊藤慎悟、寺崎哲也: 脳関門を介した脳内アミロイドβペプチド排出輸送の分子機構、第34回日本認知症学会学術集会、2015月10月2-4日、青森
  6. 大槻純男:基礎と臨床をつなぐ次世代プロテオミクス、第1回川島カンファレンス、2015年11月14-15日、岐阜
企業主催講演会
  1. 大槻純男: 生命科学・薬物動態研究者による定量プロテオミクス開発と応用、BMAS2015 SCIEXランチョンセミナー、2015年8月22日、長崎
  2. 大槻純男:SWATHで広がる新たなプロテオーム解析、SCIEX LC/MS Forum in Japan、2015年10月13日、東京
  3. 大槻純男:SWATHで広がる新たなプロテオーム解析、SCIEX LC/MS Forum in Japan、2015年10月15日、大阪
国内学会口頭発表
  1. 久野 琢矢、平山 未央、伊藤 慎悟、大槻 純男: マウスの肝臓及び腎臓における薬物代謝酵素及びトランスポーターのタンパク質発現量への腸内細菌の影響、日本薬学会第135年会、2015年3月25-28日、神戸
  2. 上村立記、伊藤慎悟、太田悠介、立川正憲、平山未央、和田敬仁、寺崎哲也、大槻純男: 脳クレアチン欠乏症候群に関連する新規変異クレアチントランスポーターの発現・局在と輸送機能特性の解析、日本薬学会第135年会、2015年3月25-28日、神戸
  3. 平山 未央 SWATH acquisitionを用いた網羅的定量プロテオーム解析の実際   日本プロテオーム学会2015年会、2015年7月23-24日、熊本
  4. 山口駿介、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:経口投与型DDS開発を目指したヒト小腸透過性環状ペプチドの同定、日本薬剤学会第30年会、2015年5月21-23日、長崎
  5. 山口駿介、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:高分子医薬品の吸収改善への応用可能なヒト小腸透過性環状ペプチドの同定、第40回西日本薬剤学研究会、2015年8月21-22日、九重
  6. 高畑智宏、伊藤慎悟、平山未央、古田拓也、中田光俊、大槻純男:定量的プロテオミクスによる悪性脳腫瘍診断マーカーの同定、第32回日本薬学会九州支部大会、2015年11月28-29日、延岡
  7. 原田智徳、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:環状ペプチド提示によるM13ファージウイルスの血液脳脊髄液関門透過特性の解明、第32回日本薬学会九州支部大会、2015年11月28-29日、延岡
国際学会ポスター発表
  1. Shingo Ito, Sumio Ohtsuki, Kohta Matsumiya, Sho Murata, Yuki Katsukura, Junichi Kamiie, Tetsuya Terasaki: The relative contributions of degradation and brain-to-blood elimination to cerebral clearance of human amyloid-β peptide(1-40) in mouse brain, AD/PD2015 , Nice, France, 18-22 March, 2015
  2. Shingo Ito,Kenji Nakamura, Mio Hirayama,Sumio Ohtsuki: EXPRESSION OF DRUG-ADME-ASSOCIATED PROTEINS IN HUMAN SMALL INTESTINE, LIVER, AND KIDNEY MICROSOMES: SWATH-MS-BASED ABSOLUTE PROTEIN QUANTIFICATION, 63rd ASMS, St. Louis, 31 May – 4 Jul, 2015
  3. Shingo Ito, Sumio Ohtsuki, Kohta Matsumiya, Sho Murata, Yuki Katsukura, Junichi Kamiie, Tetsuya Terasaki: The relative contributions of brain-to-blood elimination and degradation to cerebral clearance of human amyloid-β peptide(1-40) in mouse brain, 6-9, July, 2015, Paris, France
  4. Yu Fujino, Shingo Ito, Mio Hirayama, Sumio Ohtsuki:Facilitation of cell proliferation by suppression of SLC22A18 in human breast cancer cells, MCF-7. International Symposium on Chronic Inflammatory Diseases, Kumamoto (ISCIDK2015), Kumamoto,Japan,16-17 Oct,2015
  5. Tatsuki Uemura, Shingo Ito, Yusuke Ota, Masanori Tachikawa, Takahito Wada, Mio Hirayama, Tetsuya Terasaki, Sumio Ohtsuki: Changes of cellular localization and transport activity by a novel mutation in creatine transporter associated with chronic cerebral creatine depletion. International Symposium on Chronic Inflammatory Diseases, Kumamoto (ISCIDK2015), Kumamoto, Japan, 16-17 Oct, 2015
  6. Tatsuki Uemura, Shingo Ito, Yusuke Ota, Masanori Tachikawa, Takahito Wada, Mio Hirayama, Tetsuya Terasaki, Sumio Ohtsuki: Changes in transport activity and cellular localization by a novel missense mutation in human creatine transporter found in Japanese cerebral creatine deficiency syndromes patients. Barcelona BioMed Conference Blood Braine Barrier, Spain, Barcelona, 2-4 Nov, 2015
国内学会ポスター発表
  1. 平山 未央、小林 大樹、荒木 令江: 融合プロテオミクスによる神経線維腫?型(NF1)病態モデル細胞内で活性化する新規Dynein IC2-GR-COX-1シグナルの同定、日本薬学会第135年会、2015年3月25-28日、神戸
  2. Shingo Ito, Michel Menard, Trevor Atkinson, Chantal Gaudet, Leslie Brown,James Whitfield, Balu Chakravarthy: マウス海馬におけるアミロイドβオリゴマーによるIGF1受容体を介したp75NTRタンパク質発現制御機構の解明、日本薬学会第135年会、2015年3月25-28日、神戸
  3. 本多玄太郎、赤澤貴憲、伊藤慎悟、仲村健司、平山未央、寺崎哲也、大槻純男:オーファントランスポーターのタンパク質翻訳後修飾への関与、日本薬剤学会第30年会、2015年5月21-23日、長崎
  4. 伊藤慎悟、本多玄太郎、赤澤貴憲、平山未央、寺崎哲也、大槻純男:オーファントランスポーターSLC22A18のタンパク質翻訳後修飾への関与、第10回トランスポーター研究会年会(JTRA2015), 2015年6月20-21日、東京
  5. 久野 琢矢、平山 未央、伊藤 慎悟、大槻 純男:定量プロテオミクスを用いた腸内細菌叢の変動がマウス肝臓及び腎臓における薬物代謝酵素及びトランスポーター発現量に及ぼす影響の解明、日本プロテオーム学会2015年会、2015年7月23-24日、熊本
  6. 星山稔貴, 伊藤慎悟, 平山未央, 大槻純男:培養細胞からの微量細胞膜分画法の構築と定量プロテオミクスによる評価、日本プロテオーム学会2015年会、2015年7月23-24日、熊本
  7. 仲村健司, 平山未央, 伊藤慎悟, 大槻純男:SWATHを用いたタンパク質の網羅的絶対定量法によるヒト小腸・肝臓・腎臓ミクロソーム薬物動態関連タンパク質発現量の定量、日本プロテオーム学会2015年会、2015年7月23-24日、熊本
  8. 星山稔貴、伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:定量プロテオミクスに適した微量培養細胞からの細胞膜分画法の構築、第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム、2015年9月10-12日、大分
  9. Shigno ITO:SLC22A18 regulates the proliferation of MCF-7 human breast cancer cells by altering cellular protein expression, 74th Annual meeting of the Japan Cancer Science Association, 10, October, 2015, Nagoya, Japan (Poster)
  10. 平山 未央、國井 泰人、松本 純弥、和田 明、日野 瑞城、矢部 博興、丹羽 真一、近藤 豪、瀬藤 光利、大槻 純男  定量プロテオミクスを用いた統合失調症患者脳で発現変動する細胞内ネットワークの同定   第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2015年11月19-20日、熊本
  11. 平山 未央、國井 泰人、松本 純弥、和田 明、日野 瑞城、矢部 博興、丹羽 真一、近藤 豪、瀬藤 光利、大槻 純男:統合失調症患者の前頭葉におけるタンパク質プロファイリングと変動する分子ネットワークの同定 BMB2015、2015年12月1-4日、神戸
  12. 平山 未央、國井 泰人、松本 純弥、和田 明、日野 瑞城、矢部 博興、丹羽 真一、近藤 豪、瀬藤 光利、大槻 純男:高精度定量プロテオミクスによる統合失調症患者前頭葉における変動分子ネットワークの同定、平成27年度包括脳ネットワーク冬のシンポジウム、2015年12月17-19日、東京

2014

海外招待講演
  1. S. Ohtsuki: Metabolomics-like proteomics: quantitative targeted proteomics for diseases and pharmacokinetics. Indo-US Symposium on Mass Spectrometry Based Metabolomics in Disease Biology, Trivandrum, India, 23-24 Jan, 2014
  2. S. Ohtsuki: Quantitative targeted absolute proteomics: LC-MS/MS-based protein quantification. Shimadzu Mini Omics Seminar, Bangalore, India, 25 Jan, 2014
  3. S. Ohtsuki: Quantitative targeted absolute proteomics: LC-MS/MS-based protein quantification. Symposium in Center of Cellular and Molecular Biology. Hyderabad, India, 27 Jan, 2014.
  4. S. Ohtsuki: Quantitative targeted absolute proteomics: LC-MS/MS-based protein quantification. Symposium in Vimta. Hyderabad, India, 27 Jan, 2014.
  5. S. Ohtsuki: Quantitative targeted absolute proteomics: LC-MS/MS-based protein quantification. Shimadzu Omics Seminar, Milano, Italy, 29 Jan, 2014.
  6. S. Ohtsuki: Quantitative targeted absolute proteomics: LC-MS/MS-based protein quantification. Avancées en spectrométrie demasse pour le diagnostic Clinique. Paris, France, 31 Jan, 2014.
  7. S. Ohtsuki: Ion library accumulation by RT calibration. ABSCIEX users meeting, Baltimore, USA, 15 June, 2014
  8. S. Ohtsuki: Quantitative proteomics for accelerating cancer biomarker research. JSSX-ISSX joint meeting 2014, San Francisco, 20 Oct, 2014
国内招待講演
  1. 伊藤慎悟:質量分析を用いた定量技術による脳内動態・脳関門タンパク質発現量解析、川崎スマートライフケアCOI拠点キックオフシンポジウム、2014年3月19日
  2. 平山未央、小林大樹、荒木令江:融合プロテオミクスによるNF1遺伝子発現抑制細胞内異常シグナルの同定と治療への展望、日本薬学会第134年会、2014年3月28-30日
  3. 大槻純男:バイオマーカー探索と検証を加速する標的定量プロテオミクス、第10回臨床プロテオーム研究会、2014年5月10日、東京
  4. 伊藤慎悟:脳内アミロイドβペプチドクリアランスにおけるインスリン感受性分解機構と脳関門排出輸送の寄与、医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム、2014年6月29日、東京
  5. 大槻純男:MS/MS ALL (SWATH) によって進化する定量プロテオミクス、日本プロテオーム学会2014年会、2014年7月17日、筑波
  6. 伊藤慎悟:脳βアミロイド沈着の意義 高インスリン血症とβアミロイド沈着のメカニズム βアミロイドクリアランスの観点から、第13回群馬DMサークル講演、2014年7月24日、前橋
  7. 大槻純男:標的プロテオミクスの進化と診断イノベーションへの展開、第8回レドックス・ライフイノベーション 第170委員会、2014年8月22日、宮崎
  8. 大槻純男:脳関門におけるamyloid-β排出輸送の分子機構、第37回日本神経科学大会、2014年9月13日、横浜
  9. 大槻純男:タンパク質測定から見直すがん診断開発、第24回日本医療薬学会年会、2014年9月28日、名古屋
  10. 大槻純男:”多”がつくと大変な標的定量プロテオミクス:一緒に楽をしましょう!、第87回日本生化学会大会、2014年10月16日、京都
  11. 大槻純男:抗体を超える新しいタンパク質定量技術:定量的標的プロテオミクス、第240回発生研セミナー、第3回質量分析セミナー、2014年11月6日、熊本
  12. 大槻純男:質量分析を利用したタンパク質定量による定量的生命科学への展開、第24回WSフォーラム「タンパク質・ペプチド研究の現状と展望」、2014年11月21日、博多
  13. 大槻純男:ターゲットプロテオミクス最前線、第5回プロテオミクスセミナー、2014年11月26日、京都
  14. 大槻純男:ターゲットプロテオミクス、第1回トランスオミクス研究会、2014年12月5日-6日、仙台
企業主催講演会
  1. 大槻純男:SWATHによる定量プロテオミクスの新たな可能性、AB SCIEX iNSPIRE iNNOVATION Mass Spectrometry Meeting 2014、2014年7月22日、東京
  2. 大槻純男:SWATHによる定量プロテオミクスの新たな可能性、AB SCIEX iNSPIRE iNNOVATION Mass Spectrometry Meeting 2014、2014年7月24日、大阪
口頭発表
  1. 星山稔貴、伊藤慎悟、 平山未央、 大槻純男:質量分析による細胞膜タンパク質定量のための培養細胞からの微量細胞膜画分回収法の確立、第31回日本薬学会九州支部大会、2014年12月5-6日、福岡
  2. 上村立記、伊藤慎悟、落合祐介、立川正憲、平山未央、和田敬仁、大槻純男:新規変異クレアチントランスポーターの機能と発現解析、第31回日本薬学会九州支部大会、2014年12月5-6日、福岡
  3. 伊藤慎悟、大槻純男、松宮浩太、村田将、勝倉由樹、上家潤一、寺崎哲也:マウス大脳皮質におけるアミロイドβペプチドクリアランスに対するインスリン感受性分解機構と脳関門排出輸送の寄与、第31回日本薬学会九州支部大会、2014年12月5-6日、福岡
国際ポスター発表
  1. S. Ohtsuki, W. Obuchim M. Nakata, J. Hamada, T. Terasaki: Quantitative targeted proteomics-based personalized molecular target chemotherapy for recurrent brain tumor. ASMS2014, Baltimore, USA, 16 June, 2014
  2. Shingo Ito, Sumio Ohtsuki, Kohta Matsumiya, Sho Murata, Yuki Katsukura, Junichi Kamiie, Tetsuya Terasaki: THE RELATIVE CONTRIBUTIONS OF DEGRADATION AND BRAIN-TO-BLOOD ELIMINATION PROCESSES TO CEREBRAL HUMAN AMYLOID-β PEPTIDE(1-40) CLEARANCE IN MOUSE CEREBRAL CORTEX. JSSX-ISSX Joint Meeting 2014 , San Francisco, USA, 18-22 October, 2014
  3. Kenji Nakamura, Mio Hirayama, Shingo Ito and Sumio Ohtsuki, PROTEIN EXPRESSION LEVELS OF DRUG-METABOLIZING ENZYMES AND TRANSPORTERS IN HUMAN SMALL INTESTINE, LIVER AND KIDNEY MICROSOMES BY SWATH-MS BASED COMPREHENSIVE PROTEIN QUANTIFICATION. JSSX-ISSX Joint Meeting 2014 , San Francisco, USA, 18-22 October, 2014
国内ポスター発表
  1. 伊藤慎悟、平山未央、大槻純男:創薬と診断を加速する質量分析装置を用いた新しいタンパク質定量技術、熊本県産業技術センター第28回産学官技術交流会、2014年1月21日、熊本
  2. 井上裕介、平山未央、伊藤慎悟、大槻純男:免疫沈降と質量分析を用いた副甲状腺ホルモン定量法の開発、日本薬学会第134年会、2014年3月28-30日、熊本
  3. 仲村健司、大槻純男、伊藤慎悟、平山未央:質量分析を用いたヒト小腸・肝臓・腎臓ミクロソームにおける薬物代謝酵素の絶対発現量定量、日本薬学会第134年会、2014年3月28-30日、熊本
  4. 仲村 健司、 平山 未央、伊藤 慎悟、 大槻 純男:SWATHによる網羅的タンパク質定量法の構築とヒト小腸・肝臓・腎臓ミクロソームにおける薬物動態関連タンパク質発現量の解明、第38回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム、2014年9月11-13日、福岡
  5. 仲村 健司, 平山 未央, 伊藤 慎悟, 大槻 純男ヒト小腸・肝臓・腎臓ミクロソームに発現する薬物輸送・代謝関連タンパク質のSWATHを用いた大規模標的タンパク質発現量解析、第87回日本生化学会大会、2014年10月15-18日、京都
  6. Kenji Nakamura, Mio Hirayama, Shingo Ito, Sumio Ohtsuki: ABSOLUTE PROTEIN EXPRESSION COMPARISON OF DRUG-METABOLIZING ENZYMES AND TRANSPORTERS AMONG HUMAN SMALL INTESTINE, LIVER AND KIDNEY MICROSOMAL FRACTIONS BY SWATH-MS BASED COMPREHENSIVE PROTEIN QUANTIFICATION, 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2014年11月15-16日, 熊本
  7. Takuya Kuno, Mio Hirayama, Shingo Ito, Sumio Ohtsuki: COMPARISON OF PROTEIN EXPRESSION LEVELS OF DRUG-METABOLIZING ENZYMES AND TRANSPORTERS IN LIVER AND KIDNEY BETWEEN GERM-FREE AND SPECIFIC PATHOGEN-FREE MICE, 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2014年11月15-16日, 熊本

2013

国内招待講演
  1. 大槻純男:最新定量プロテオミクスの技術と将来展望:脳腫瘍を含めた癌に対する応用、第6回金沢脳腫瘍セミナー、2013年1月19日、金沢
  2. 大槻純男:診断イノベーションに挑戦する次世代定量プロテオミクス、熊本和光ライフサイエンスフォーラム、2013年2月22日、熊本
  3. 大槻純男:創薬と診断を加速する新しいタンパク質定量技術、日本薬学会第133年会、2013年3月30日、横浜
  4. 大槻純男:定量的量的プロテオミクスの進化と診断への応用、浜松医科大学、2013年4月9日、浜松
  5. 大槻純男:質量分析による次世代タンパク質絶対定量:薬物動態と診断への応用、住友化学、2013年5月20日、大阪
  6. 大槻純男:メンブレンプロテオミクスの進歩と応用、第8回トランスポーター研究会年会、2013年6月15日、熊本
  7. 大槻純男:Quantitative analysis of transportosome  biochemistry、第86会日本生化学会大会、2013年9月13日、横浜
  8. 大槻純男:質量分析を利用したタンパク質定量によるタンパク質科学の新展開、第37回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム、2013年9月27日、雲仙
  9. 大槻純男:次世代定量プロテオミクスによるトランスポーター研究の新展開、第57回日本薬学会関東支部大会、2013年10月26日、東京
  10. 大槻純男:基礎と医療と薬をつなげるプロテオミクス、第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2013年11月23日、仙台
企業主催講演会
  1. 大槻純男:進化するタンパク質定量解析-MRM, MRMHRそしてSWATHへ-、ABSCIEXタンパク質の網羅的定量解析セミナー、2013年7月17日、東京
  2. 大槻純男:進化するタンパク質定量解析-MRM, MRMHRそしてSWATHへ-、ABSCIEXタンパク質の網羅的定量解析セミナー、2013年7月19日、大阪
一般向け講演会
  1. 大槻純男:新技術を駆使したがん治療への挑戦、平成24年度熊本大学関西オフィスセミナー熊本大学から発信します「熊本発の創薬研究」、2013年1月12日、大阪 
  2. 大槻純男:くすりとがんの闘い:がん克服に向けた最先端薬学研究、小林高校平成25年度大学出前講義、2013年6月22日、宮崎
口頭発表
  1. 伊藤慎悟、大槻純男、松宮浩太、村田将、勝倉由樹、上家潤一、鈴木博也、立川正憲、寺崎哲也:脳内アミロイドβペプチド(1-40)クリアランスにおけるインスリン感受性機構の寄与の解明、第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2013年11月21-22日、東京
  2. Shingo Ito, Sumio Ohtsuki, Kohta Matsumiya, Sho Murata, Yuki Katsukura, Junichi Kamiie and Tetsuya Terasaki: Contributions of insulin-sensitive degradation and brain-to-blood elimination processes to the cerebral clearance of human amyloid-β peptide(1-40) from mouse cerebral cortex. 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2013年11月23-24日、仙台
  3. Mio Hirayama, Daiki Kobayash and Norie Araki: Integrated proteomics identified activation of novel dynein IC2-GR-COX-1 signaling in neurofibromatosis type I (NF1) disease model cell. 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2013年11月23-24日、仙台
ポスター発表
  1. Shingo Ito, Michel Menard, Trevor Atkinson, Chantal Gaudet, Leslie Brown, James Whitfield, Sumio ohtsuki, Balu Chakravarthy:Involvement of insulin-like growth factor 1 receptor signaling in the amyloid-beta peptide oligomers-induced p75 neurotrophin receptor protein expression in mouse hippocampus
    AD/PD2013, 2013.3.6-10, Florence, Italy
  2. 伊藤慎悟、大槻純男、松宮浩太、村田将、勝倉由樹、上家潤一、鈴木博也、立川正憲、寺崎哲也:アミロイドβペプチド(1-40)の脳内クリアランスにおける分解系と血液脳関門排出輸送系の寄与、第8回トランスポーター研究会年会/JTRA2013、2013年6月15-16日
  3. Shingo Ito, Sumio Ohtsuki, Kohta Matsumiya, Sho Murata, Yuki Katsukura, Junichi Kamiie and Tetsuya Terasaki:Contributions of degradation and brain-to-blood elimination to cerebral clearance of human amyloid-β peptide(1-40) in mouse brain, 2013.11.9-13, San Diego, USA
セミナー、シンポジウムオーガナイズ

2012

海外招待講演
  1. S. Ohtsuki: Novel applications of LC/MS-based membrane protein quantification for transporter research and drug development. 3rd Annual Clinically Relevant Drug Transporters, 2012/10/22-24, London
国内招待講演
  1. 大槻純男:質量分析による次世代タンパク質定量法と創薬臨床研究への応用、プロテオミクスを基盤とした病態システムズバイオロジー教育研究拠点の構築主催セミナー、2012年2月23日、熊本
  2. 大槻純男:定量的プロテオミックスによる創薬ターゲット探索と医薬品開発への利用、育薬塾セミナー、2012年3月9日、千葉
  3. 大槻純男:薬物動態からアプローチする中枢疾患の理解と治療、神奈川県立こども医療センター講演会、2012年4月18日、横浜
  4. 大槻純男:質量分析による次世代タンパク質定量システムの開発と創薬・臨床研究への応用、神戸大学GCOE学術講演会、2012年4月20日、神戸
  5. 大槻純男:質量分析によるタンパク質定量解析を応用した生命現象の再構築、基礎生物学研究所研究会「モデル生物・非モデル生物のプロテオミクスが拓く生物学」、2012年5月14-15日、熊本
  6. 大槻純男:分子薬物動態学と質量分析の融合によるファーマコプロテオミクスへの展開、第二回薬剤学セミナー、2012年6月29日、熊本
  7. 大槻純男:質量を利用してタンパク質の量を測る新技術と臨床診断への応用、第1回熊本医薬シンポジウム、2012年7月22日、熊本
  8. 伊藤慎悟:脳内アミロイドβペプチドクリアランスにおける血液脳関門排出輸送機構の役割、ナノライフサイエンス・オープンセミナー2012、2012年8月18-19日、大阪
  9. 大槻純男:定量とくすりからアプローチする疾患プロテオーム解析、北里疾患プロテオーム研究会、2012年8月23日、神奈川
  10. 大槻純男: 定量的標的プロテオミクスから切り拓くがん診断と個別化治療、臨床応用を目指した最前線セミナー、2012年9月28日、東京
  11. 大槻純男:質量分析を用いたタンパク質の特異的一斉定量の薬理学への応用、新薬理学セミナー2012、2012年11月24日、熊本
企業主催講演会
  1. 大槻純男:定量的プロテオミクスを分子生物学のツールとして使うための限界と工夫、ABSCIEXタンパク質定量セミナー、2012年2月9日、大阪
  2. 大槻純男:定量的プロテオミクスを分子生物学のツールとして使うための限界と工夫、ABSCIEXタンパク質定量セミナー、2012年2月15日、東京
  3. 大槻純男:標的化からアプローチする生化学的プロテオミクス、ABSCIEXタンパク質発現解析セミナー、2012年8月28日、大阪
  4. 大槻純男:標的化からアプローチする生化学的プロテオミクス、ABSCIEXタンパク質発現解析セミナー、2012年8月30日、東京
一般向け講演会
  1. 大槻純男:脳を守るしくみと脳を治す薬、宮崎北高校教育講座、2012年9月8日、宮崎 
  2. 大槻純男:タンパク質から再定義する創薬戦略と個別化療法、平成24年度九州大学大学院薬学研究院公開講座、2012年9月23日、福岡
セミナー、シンポジウムオーガナイズ
  1. 新薬理学セミナー2012-翻訳後の分子間相互作用をとらえる新しいタンパク質解析技術-、2012年11月24日、熊本

2011

国際会議招待講演
  1. S. Ohtsuki: Quantitative Targeted Proteomics for Drug Development. APISSX2011, Tainan, Taiwan, Apr 22-25, 2011
国内招待講演
  1. 大槻純男:タンパク質発現からみたがんの個人差と薬剤感受性機構、第6回がん・エピゲノム研究会、2011年4月27日、仙台
  2. 大槻純男:質量分析を用いたタンパク質定量解析によるバイオマーカー評価と臨床応用、第61回日本電気泳動学会シンポジウム・第7回臨床プロテオーム研究会2011連合大会、2011年5月9-10日、山口
  3. 大槻純男:定量的プロテオミクス(MRM法)によるターゲット探索から創薬研究応用まで、第15回薬物動態談話会セミナー、2011年8月24-26日、大阪
  4. 大槻純男:量と活性からの生体内でのトランスポーター機能の再構築、日光シンポジウム、2011年12月17日、日光
企業主催講演会
  1. 大槻純男:定量的標的プロテオミクスによるファーマコプロテオミクスへの展開、三井情報バイオサイエンスセミナー、2011年11月28日、東京